葬儀会館TEAR

葬儀会社のサポート力も社葬では重要

社葬は社会的な側面の強い式であるため、企業として失敗は許されません。
遺族はもちろんのこと、参列した誰もが納得できるような葬儀を行う必要があります。
そして、そのためには葬儀社による的確なサポートや助言が不可欠です。

こうした対応が可能なのは、葬儀を知り尽くした優秀なスタッフがいる場合です。
知識や経験が不十分であれば適切なサポートはできません。
よって、社葬を無事に執り行うためには社員教育を徹底し、サポート力の高いスタッフのいる葬儀会社に依頼すべきといえるでしょう。

葬儀会館TEARが信頼される理由

さて、葬儀会館TEARは1997年に創業した比較的新しい葬儀社ですが、年間で1万件を超える葬儀を行うなど実績があります。
では、どのような点が選ばれる理由となっているのでしょうか。

それは、質の高いスタッフの存在です。
社葬は、会社に寄与した方の葬儀を企業が執り行うという行事ですが、企業にとっては今後の在り方を示すという場でもあります。
それだけに、社葬の企画や執行は慎重に行わなくてはなりません。
ただ、多くの企業は社葬に関する専門的な知識を有していない場合も多いのが現状です。

そこで、社葬の計画および執行にあたっては専門業者によるサポートが必要となりますが、それには経験やノウハウを豊富に有するスタッフの存在が欠かせません。
そのため、葬儀会館TEARでは「ティアアカデミー」と呼ばれる独自の機関を設け、葬儀に関する様々な知識を身に付けるための教育をスタッフに行います。
これにより、専門的な知識やサービス時のマナー等を有する質の高いスタッフの育成することができるのです。
さらに、「ティア検定」と呼ばれる検定制度も独自に行っており、更なるスキルの向上を促しています。

なお、他の葬儀社ではスタッフに厚生労働省認定の資格である一級葬祭ディレクターを取得させるのが一般的です。
葬儀会館TEARでもこの資格の取得者が多くいますが、それにとどまりません。
同葬儀社では、一級葬祭ディレクターを有しているスタッフを対象とした研修も独自に行っているうえ、研修が終わった後もスキルアップできるようプログラムを組むなど社員教育に尽力しています。
よって、葬儀を知り尽くしたスタッフによる的確なサポートを受けることが可能です。

また、社葬を依頼する際は費用についても気になるところだと思います。
特に、社葬については経験する機会も少ないため、相場を把握することも難しいでしょう。
なかには悪徳な業者も存在し、驚くほど高額な料金を請求されることもあります。

そこで、葬儀会館TEARでは費用を提示する際はその内訳を明示することを徹底しています。
なかでも飲食費や返礼品などにかかる費用は参列者の数によって変わってきますが、これらについてもわかりやすく提示してくれるので安心です。
このような真摯な対応が多くの企業に選ばれている理由といえるでしょう。