イオンライフ

格安での葬儀が特徴のイオンライフ

社葬を行う際、費用を安く抑えたいと考えるのが企業の本音だと思います。
社葬では費用が1000万円を超えることもしばしばであり、企業としては痛手です。
この理由は、規模の大きさにあります。
社葬では1000人以上が参列することも珍しくありませんが、規模が大きくなるほど設備のためにかかるコストなど、費用も高くなります。

よって、葬儀社を選ぶ際は費用の安さを重視する場合も多いでしょう。
しかし、安さのみを売りにしている会社では十分なサポートを受けられない可能性もあります。
そこで、おすすめしたいのがイオンライフに社葬を依頼することです。

イオングループというとショッピング施設としての認識が強いと思いますが、葬儀についても行っています。
それがイオンライフ株式会社であり、「イオンのお葬式」と呼ばれる葬祭サービスを提供しています。
低コストで葬儀を行うことができるのが特徴であり、社葬や一般葬だけでなく、家族葬や一日葬などといった小規模な葬儀形式にも対応しています。

イオンライフではこうした規模の小さい葬儀の他に、社葬についても対応しています。
そのため、社葬を行う必要が生じている企業は、依頼を検討している場合も多いのではないでしょうか。

イオンライフに依頼するメリットとは

イオンライフで社葬を行うメリットは、やはり安い費用で行えることにあります。
会社に貢献した方の葬儀とはいえ、出来る限りコストは抑えたいと考える企業が多いのは事実ですから、このことは重要といえるでしょう。
ただ、社葬は企業にとっても重要な行事です。
故人の業績やそれに対する感謝、そして今後の企業の在り方などが見えてこないような葬儀では意味がないばかりか、関係者からの信用を失うことにもなりかねません。

しかし、イオンライフは格安で社葬を行うことができるだけでなく、葬儀の質が高いことも特徴です。 
社葬を行う場合は、故人や遺族の意思だけでなく、企業側のイメージや意向なども考慮する必要があるため、企画や運営には専門的な知識が必要となります。
イオンライフでは社葬や大型葬を専門とするスタッフが存在し、社葬についての様々なことをサポートしてくれるので安心です。

葬儀前の打ち合わせも入念に行います。
社葬の内容は企業側の出せる金額によっても変わってきますから、まずは予算に合わせて大まかなプランを決め、その後具体的な内容を決めていきます。
また、社葬では参列する人数も膨大となるため、参列者の数を予測すること、そしてそれに基づいて式場を選ぶことも必要です。
この他、葬儀形式の決定や遺族や親族、来賓、弔辞者のリストアップ、場合によってはマスコミへの対処なども話し合われます。

イオンライフでは祭壇についても力を入れています。
よって、故人の人柄や企業のイメージを反映したような祭壇の設置が可能となるでしょう。
祭壇は遺影を飾る場所であり、必然的に注目されます。
そのため、社葬を行うからには祭壇にも気を遣わなくてはならないのです。