受付のマナーについて

受付の役割と仕事

葬儀を円滑に進めるためには運営に必要となる仕事を役割分担することが必要となり、またこの方法が一般的に定着しています。
係は喪主、お世話役代行、受付係、会計係、接待係に分けられ、それぞれに役割が割り振られることになります。
受付係はこれらの役割の中でも最も弔問客と密接に関わることになる係ですので、参列してくださった方々に失礼の無いように立ち回らなければなりません。

受付の具体的な仕事内容として挙げられるのは、受付の挨拶と香典を受取ること、そして芳名帳に貴重してもらうこと、香典返しや会葬礼状といった返礼品を渡すこと、会場へ案内をすること弔電の受付です。
また必要に応じて弔問客のコートや手荷物を預かることや、会場案内をすることなども受付係の仕事となります。

弔問客は何か尋ねたいことがあった場合には、まず受付係に質問することになりますので、ある程度準備をしておかなければなりません。
特によくあるのがお手洗いの場所を質問されるというケースですので、予め場所は頭に入れておいた方が良いでしょう。

この他にも、いただいた香典を会計係へと渡すのも受付係の大切な仕事です。
現金が封入されていますので、細心の注意を払って扱うようにしてください。

受付の挨拶とマナー

受付係は弔問客と最も接することになる係ですので、挨拶や言葉遣いにも注意しなければなりません。

弔問客からお悔やみの言葉をいただいた場合には、それに対して「本日はお忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございます」といった感謝の意を遺族に代わって伝えるのがマナーとなります。
香典をいただく際には「お預かりします」という言葉と共に受け取ることになりますが、この時注意しなければならないのは、必ず両手で袋を受け取るということです。
片手でもらうのはマナー違反なので注意してください。

次に芳名帳への記帳となりますが、この際注意しなければならないのは、できるだけ時間をかけないことです。
記帳は住所と名前を書いてもらうことになるため、どうしても時間がかかってしまいがちですが、これによって他の弔問客の方々をひたすら待たせてしまってはいけません。
特に社葬の場合には多くの弔問客にお越しいただくことになりますので、こういった事態になりやすいです。

そのため、1か所に全ての仕事を任せるのではなく、香典を受取る場所と芳名帳へ記帳する場所、そして返礼品を渡す場所を分けて対応するといった工夫をするのがお勧めです。
また、芳名帳の数を1つではなく複数、できれば3か所か4か所分に分けて、記帳の時間を分散させるといった工夫もお勧めとなります。

大切なのは、いかに失礼の無いように、また円滑に受付を済ませた上でスムーズに案内できるか、ということです。