欠席時の対応

訃報は突然届きます

人が亡くなるのは突然であることが多いです。
以前より闘病生活を送っており、時間が経過してやがて亡くなられたというケースで無い限り、ほぼ全ての訃報が突然届くことになりますので、予め葬儀に参加するように準備をしておくことは不可能です。
だからこそ、葬儀に参列することができないというケースも多々あるものです。

例えば自分自身が入院中で、外出することができないということもありますし、仕事で出張中の時に訃報が届くこともあります。
こういった際には参加することができませんので、葬儀には参列しないという選択をするわけですが、しかしながらただ会場へ行かなければ良いというわけでもありません。
欠席をする際にもマナーがありますので、しっかりと対応するようにしましょう。

代理を立てる方法

参列しないのならば、まず考えるべきは代理を立てて参列してもらうということです。
自分の代わりに従業員や家族に参加してもらい、自身が参加できない旨を説明してもらった上で弔問という形になります。
この場合、最も重要なのは受付係の人に事情を丁寧に説明することとなりますので、代理人にはしっかりと挨拶するように指導しておく必要があるでしょう。

この他にも、自分の代理で弔電を出すという方法もあり、代理人が参加しない場合にはこの方法が一般的となります。
お悔みの弔電を用意して、後日、身が空いた時に焼香をしにいくというのがマナーですので、弔電を送っただけで良しとしないように注意が必要です。

参加しなくても良いケース

訃報が届き、社葬の案内も一緒に聞いた場合には、基本的には葬儀に参加しなければなりませんが、出先でどうしても都合が合わない場合の他にも、結婚式を間近に控えていたり、出産を間近に控えていた場合には葬儀への参列を考えることになると思います。
結婚式や出産が近い場合には、これを理由にして弔問を断ることもできます。
その場合、やはり弔電を入れるのが一般的ですので注意してください。

また、友人や家族の結婚式への参加が控えている場合はこのケースに該当しないということも重要です。
社葬に参加しなくても良いのは、あくまで自分の結婚式の場合に限ります。
ただし、たまたま結婚式の日程と訃報がバッティングしてしまった場合には、結婚式の主催者に迷惑をかけてしまうことにもつながりますので、その場合に限り、葬儀には参加しなくても良いことになります。

要するに、基本的にはどちらの式にも参加しなければならず、その努力をするべきであり、例外なのは両者が同じ日に行われる時に限るということです。
完全に努力しても不可能であると分かった時のみに欠席をするのが無難です。