臨済宗の葬儀について

臨済宗の葬儀作法で理解しておくべきこと

臨済宗の葬儀作法で理解しておくべきこととして、「焼香」の仕方があります。
焼香には大きく分けて2種類あり、お香が粉末状になっている「抹香」を使うか、一本の細長い棒になっている「線香」を使う場合で作法に違いがあります。

抹香を使う場合、抹香を焼香台の右側に置くのが基本です。
そのため焼香をする際には、右手で抹香をつまむことになります。
つまむときには指使いに気をつける必要があり、右手の親指と人差し指、中指の3本を使い、抹香をつまみましょう。
このとき数珠を手にしているなら、左手に数珠をかけて右手を空けた状態にしておきます。

こうして抹香をつまんだら、一般的な焼香の方法に習い、額の高さまで抹香を上げて、香炉に落とします。
これを数回行います。
回数に特に決まりはなく、1回でも3回でも構いません。
ただし、多くて3回までにしておきましょう。

次に線香を使う場合ですが、線香は右手に持つのが基本です。
線香には火を付ける必要がありますが、ろうそくに線香を持っていって着火します。
このとき、宗派によっては線香を複数本持つこともありますが、臨済宗では1本のみです。
数珠を持っている場合は抹香と同じく、左手にかけておきましょう。

線香に火をつけた後は、火を消してお香を焚く必要があります。
このときの火の消し方は2通りあり、左手を使ってうちわのように風を出すか、火のついた線香を少し振りながら消します。
やってはいけない方法として、「息で火を消す」という行為があります。
これは失礼に当たってしまうため、絶対に控えましょう。

こうしてお香を焚いた線香を香炉に立てて、手を合わせて拝みます。
臨済宗にはこのような作法があるため、きちんと理解しておきましょう。

臨済宗の枕経の意味をしっかりと知る

臨済宗の枕経では、「観音経」と「大悲心陀羅尼」を唱えます。
これらを読む意味として、「観音様が故人を助けてくれるように」という目的があります。
死は誰しも不安を感じるものですが、「観音経」や「大悲心陀羅尼」を唱えることで、故人が安心して死を迎えられるようになるのです。

臨済宗のお通夜の意味とはどのようなものなのか

臨済宗のお通夜では、「遺教経」というお経が唱えられます。
遺教経はお釈迦様が弟子に説いた最後の教えをまとめた経典です。
これを故人の最後のときに読むことで、安心して故人が死を迎えられるようになると考えられています。

臨済宗の葬儀を行う際には、上記のような作法や意味を理解しておく必要があります。
しっかりと理解しておくことで、失礼のないお葬式を執り行うことができるはずです。
これからお葬式がある場合には、ぜひ参考にしてください。