浄土真宗の葬儀について

浄土真宗の葬儀には守るべき作法がある

浄土真宗の葬儀で守るべき作法は、大きく分けて2つあります。
ひとつ目は焼香をするときの作法です。

焼香をする際には、本尊の前に行って礼を1回行い、その後お香を3本の指を使ってつまむまでは他の宗派と同じです。
ただ、一般的な焼香では額にお香を持ち上げて、そこから香炉へお香をくべる流れが基本です。
これに対して浄土真宗では額にお香を近づけず、そのまま香炉へお香を捨てます。
また、本願寺派の場合は1回、大谷派の場合は2回お香を香炉へくべる流れで行います。

もうひとつの作法として、「香典袋」を書く際にも注意が必要です。
浄土真宗の場合、香典の表書きは「御仏前」と記載するのが基本です。

他の宗派の場合、故人が仏様になるのは「四十九日を過ぎてから」です。
これに対して浄土真宗の場合、命が途絶えてからすぐに仏様になるという考えがあります。
そのため浄土真宗の場合は他の宗派のように「御霊前」と書かず、御仏前と書くのです。

浄土真宗における枕経の意義とは

枕経は他の宗派において、故人のために住職の方が読経を行います。
故人に向けてお経を読むことで、亡くなられた方が安らかにあの世へと向かうことができるのです。
しかし浄土真宗の場合、実は枕経は故人のために読まれるものではなく、阿弥陀如来にお礼を込めて行う意味があります。

神様である阿弥陀如来へのお礼は、亡くなられた故人の方がすることはできません。
そのため故人の代わりに住職の方と親族が枕経をすることで、感謝の気持ちを伝えることができるのです。

このようなことから浄土真宗では枕経のことを「臨終勤行」と呼びます。
他の宗派との違いを理解しておきましょう。

浄土真宗のお通夜の意義を知る

浄土真宗のお通夜は親族や故人と関係の深かった友人・知人が集まり、生前の日々を偲ぶ機会という意味があります。
故人の優しさや楽しく過ごした日々を思い返し、最後の時間を参列者で一緒に過ごすのです。

このように過ごすことで、参列者の方が命の大切さや儚さにあらためて気づくことができます。
また、阿弥陀如来の教えが込められている住職の方の読経で、生きる意味や死の意味について考えることができるのです。
浄土真宗では住職の方だけでなく、親族や参列者の方もお勤めをする風習があります。
また、浄土真宗には他宗派と異なり告別式がなく、「故人の命には、また会う機会がある」と考えられています。

浄土真宗の葬儀には独自の作法があり、きちんと理解しておく必要があります。
また、枕経やお通夜も他宗派と違った意味があるため、知識を深めておくと良いでしょう。
お葬式を執り行う際に、知ったことを役立てることができます。