責任者の選任と役割

責任者の選任

一般的な個人の個人葬であれば、喪主を決め、それを務められる方が全体の責任者となって、葬儀をとり行うこととなるでしょう。
同様に、社葬においても、その葬儀全体の責任者となる方を決めておかなければなりません。
ですが会社が施主となる葬儀である以上、ご遺族のなかから選ばれる喪主が、
社葬においても責任者として適しているというケースはまれでしょう。

そこで、別に社葬の責任者となる人物を選ぶ必要が出てきます。
この責任を統括する位置にあるのが、葬儀委員長とよばれる役割の方になります。
会社にとって大変重要な意味をもつ儀式を統括するのですから。
これから新たに歩みだす会社の顔となる方がふさわしいといえ、
これによってその新体制が内外ともに強く印象づけられるものとなるでしょう。

取引先や関係団体、また一般新聞などのメディア向け等、
各所への訃報を知らせる案内においても、葬儀委員長の氏名はしっかりと明示されます。
それから実際のご葬儀の際にも、代表しての挨拶を行うなどするのが一般的です。

単純に選出される事例を具体的に挙げるのならば、会長がお亡くなりになった場合、
社長および取締役が社長が亡くなられた場合は、
次期社長候補が決定しているのであればその方、あるいは副社長などが選任され、務めることとなるでしょう。

役割と求められる理想

葬儀委員長は、株主、関係団体、取引先などから、信頼され、
今後の会社にも期待がもてると感じていただけるような統率力をみせます。
社葬を滞りなく行うことができることが理想として求められます。
その会社の規模にかかわらず、会社全体として、納得できる、人望の厚い方、リーダーシップのある方がよいでしょう。
このほか、葬儀委員長とは別に、実際の執行の責任を統括する葬儀実行委員長も決めておく必要があります。
この役割は総務部長の方が務められるケースが一般的です。
社葬の案内から社外からの問い合わせ等の対応、当日の誘導、受付、会計、事後の返礼など。
あらゆる細かなことをスムースにとり行っていくため、葬儀実行委員会を設けておくことが望ましいといえます。
その組織長となるのが、葬儀実行委員長なのです。

具体的な執行において、社葬では基本的にそのすべてを会社側が行いますから、この立場も重要な役目をもつものとなります。
もちろん、ここでとり行うスタッフが足りない場合は、葬儀社に相談し、スタッフを補充してもらうなど、サポートを受けるとよいでしょう。
社葬を取り扱っている葬儀社であれば、専門家として十分にやるべきことを熟知しています。
ですから、分からない点、困った点などもあれば、その都度積極的に相談するとよいですね。
なおこのように葬儀の執行は会社側で行いますが、それ以外はご遺族にゆだねられます。
おせっかいかもしれませんが、ご遺族には墓地などのご準備が整っているかは早々に確認した方がよいでしょう。
長く会社に貢献した重要人物が眠る場所になります。

参考サイト
社葬 について