社葬の意義

社葬とは

社葬とは、その企業にとって重要な人物が亡くなったときなどに、会社が中心となって行う葬儀のことをいいます。
一部の大企業や老舗企業を除いた多くの一般的企業においては、あまり経験やなじみのないものかもしれません。
基本的に、この社葬に関する事項をとりきめ、進めていくこととなる総務部の方などはとくに。
いざとなったとき、慣れていることでもありませんから、どうすればいいかお困りなのではないでしょうか。
このサイトが、そうした「困った」を解決し、よい社葬を無事とり行うことができる一助となれば幸いです。

社葬対象と配慮

まず、一般的に社葬の対象となるのは、会社の創設者、会長、社長、副社長、
重要な役員の立場にある方、もしくはかつてこれらの立場にあった方が挙げられます。
このほか会社に対し、開発や研究等、きわめて大きな貢献や特別な功績を残したとひろく認められている方がいます。
さらに社命による業務の遂行中、あるいは勤務中の事故で殉職された方などが、主に対象とされています。
こうした会社に対して功績を残した方の死に際し、会社をあげてとり行う社会的な行事が社葬なのです。
その故人の徳を偲び、遺志や業績を引き継いでいく儀式としての意味をもつほか、もちろん葬儀のひとつの形態ですから。
その方の御霊を慰め、追悼するという意味をもっています。
くわえて社葬では、取引先や関係団体、株主など、参加者の範囲もある程度広いものとなります。
一般社会に対しても、広報的な意味をもつこととなるケースもしばしばですから。
この社葬における会社のふるまい、とり行い方の良し悪しが、
今後の会社の印象や評価を左右する要素となってくることも十分に考えられます。

ですから、会社として十分な配慮が必要だということがお分かりいただけるでしょう。
社内においても、急にそうした重要な人物を失うと、求心力を欠くこととなり、経営・運営に大きなリスクが生じます。
そこで社葬をしっかりと行うことによって、会社の今後の方針を明確にするほか、
その高い志を受け継ぐ決意を新たにし、社員の結束をはかっていくことが可能となるのです。
こうした面でも、社葬には大きな意味があるといえるでしょう。
やはり会社としてとり行うのですから今後のことを考えると、お見えになる来賓の方、取引先の企業の方など。
多くの方に対し、会社が今後も安定したものであるという印象と、存在意義がある。
そしてさすがだという思いとを抱いていただけるよう、スマートに接待することはとても大切です。

しっかりした社葬で信頼を得ることができる

ですが、やはり一番の根底にあるべきは、亡くなられた方への追悼の想い、
感謝と別れを惜しむ心でなければ、本当に良い社葬とはいえません。
もちろん、遺族の方にも納得していただけることが重要です。
こうした点をないがしろにすることなく、しっかりとした社葬を行うことが、結果として周囲の評価にもつながるのであります。
信頼を得ることができることとなるのだということを、ぜひ覚えておいてください。