通夜

社葬と葬儀日程

社葬の日程の組み方はいくつかに分けられます。
密葬をしてから社葬に移るケースや、個人葬儀と個人通夜をしてから社葬へと移るケース、密葬をしない場合には社葬通夜をしてから社葬を行うケースなどなど、組み方は変幻自在です。
必要に応じて様々なスタイルの葬儀を行うことができるのです。

通夜の目的は、故人について親族の方や関係者とお話をすることにありますが、社葬においては若干ことなるので注意したいところです。
というのも、社葬における通夜は故人と関係企業のつながりを維持したいという狙いがありますので、他企業への挨拶をして回る必要があるからです。
個人葬の通夜の場合には故人の思い出を語る場所になりますが、社葬ではこの点において目的が異なりますので、主宰者側もそれを踏まえた上で準備をしなければなりません。

特に準備に注意しなければならないのが通夜ぶるまいの際にふるまわれることになる料理です。
個人葬の場合には少しつまめる程度の軽食が出されることになりますが、会社の威信や体裁もかかってきますので、余りに安すぎる料理をふるまってはいけません。
最近では手軽につまめるお寿司が人気の高いメニューになります。

またお酒をふるまうことも良いですが、その際には弔問客が飲み過ぎてしまわないように配慮する必要があります。
世話係の方は客の様子を見ながらお酒を出すようにしてください。

セレモニーホールを利用して通夜を行う場合には、ホールに備え付けられているレストルームにて通夜ぶるまいが行うことが可能になっており、注文すれば料理がふるまわれることになるサービスも提供されていますので、こちらを利用するのも良いでしょう。

社葬で通夜を行わないケースも…

近年では社葬で通夜を行わないケースも徐々に増えてきています。
通夜に関しては個人葬で行って、本葬は社葬によって行うようにする方が多いですので、社葬を行うからと言って通夜まで会社が費用を負担する必要は無いと考えている方も、別に臆することはありません。

むしろ通夜と社葬と分けてしまった方が、故人の親族の方々が心より冥福を祈る機会や、昔話に花を咲かせる時間を確保できますので、メリットも多いのが現実です。

この他にも通夜と社葬を分けるメリットとしては、節税効果も期待できるという点にあります。
会社として香典をいただいた場合には、それに対して税金がかけられることになりますし、香典を会社が受け取って、その後親族へ渡すとなれば贈与税かけられることになります。
こういった費用を無駄と判断している企業が多いからこそ、両者を分けて執り行う人が増えてきているのです。

中にはプライベートと仕事をきっちり分けたいという方もいますので、故人や親族がどのような考え方をしているか、という点は社葬や通夜を行う前に決めておきたいところです。