お別れの会

お別れの会

近年よく目にするようになってきたスタイルとして、お別れの会や偲ぶ会といったものを設け、社葬とすることがあります。
これは、故人のご遺族ら、ごく親しい方だけでの密葬となる個人葬を済ませたのちに、1カ月弱ほど期間を置き、本葬の代わりに関係者の方を広くお招きして、会を行うという葬儀形式になります。
1カ月ほどという比較的長めの準備期間を置きますが、四十九日の法要を行う前にはとり行うようにすることが一般的とされているのです。
比較的多くの方を会葬者として迎えるケースも多く、費用が大きくかかる場合もありますが、自由な形式で行えるうえ、今後の会社の方針をひろく世にアピールする、社会的な意味をもたせるのに、とくに効果的としやすいこともあって、先に紹介した、儀式的面に形式上重点を置いた、旧来の社葬にかわって、形式として選択されることが増えてきているものとなっています。
お別れの会は、通常ホテルなどを会場として行われることが多く、その規模に応じた会場を予約し、日時を決め、ひろく告知を行ったうえで開催するものとなります。
自由度の高い形式ですから、同じお別れの会という名であっても、それを主催する会社によって、内容は非常に異なっており、千差万別といってもよいでしょう。
旧来の社葬のスタイルに近く、祭壇を飾ったり、弔辞・弔電の披露、献花を行うといった儀式的側面を重視して、故人を送るものもありますし、会社としての歩みとともに在りし日の故人の活躍を振り返るビデオやスライドを使用して、死を悼み、偲ぶといったものもあります。
そのような内容も織り込んではいるけれど、主となる部分は会食を中心としたパーティー形式で、取引先や関係団体各種との今後の関係を確固としたものとする、あらたな会社の一歩を、新体制をお披露目するといったスタイルのものもあります。
いずれにしても、お別れの会として行われる場合は、一般的に無宗教式で行われることがほとんどです。
とくに会場をホテルとする場合は、遺骨の持ちこみや読経、焼香といった行為が許されていないことも多いので、これらがすべて無いものとなることもしばしばでしょう。

服装について

服装においても、関係者、主催者、参列者いずれの立場にある人も、喪服ではなく地味な平服を着用して参加するものとするケースも多くなっています。
とくに華美とみられる服装やアクセサリーなどは避けるべきですが、こうした点でも、より儀式的な厳粛さは要素として薄く、社交的な意味合い、社会に対するプレゼンテーションの要素が強いことがうかがえるでしょう。
もちろん、これはケースバイケースですから、平服着用ではないスタイルのお別れの会、偲ぶ会ももちろんあります。
参列する際には、どのような会であるのか、よく確認しておくことが大切でしょう。
会社が主催するものではありますが、ご遺族の意向もきちんと確認しておくことが大切です。
社葬自体、またこうした形式での社葬の辞退を申し出られた場合は、その意思を尊重し、計画を見直すこともまた必要でしょう。