家族葬とは?社葬との違い

家族葬とはどんなお葬式なのか

家族葬とは文字どおり、「家族で執り行うお葬式」を指します。
一般的なお葬式は家族葬であり、親族や友人、知人など、身近な人を読んで故人を供養します。
家族葬は自宅で執り行うのが一般的です。

家族葬の特徴として、「どのような人を呼ぶかについて、明確な決まりがない」という点が挙げられます。
故人がお世話になった方にはさまざまな人がおり、親族だけでなく古くからの友人、会社でお世話になった方などもいます。
こうしたさまざまな人に声をかけて、お葬式を執り行います。

もしその人をお葬式に呼ぶかどうかで迷った場合、家族葬の場合はまずは声をかけると良いです。
「家族だけで亡くなった人との最後を過ごしたい」という場合は家族だけで行うべきですが、それ以外の場合は関係がありそうな方には声をかけると良いでしょう。
このようなことから家族葬は、お葬式の当日にならないと参列者の合計がはっきりしないことがよくあります。

家族葬を執り行う場合、葬儀社へ連絡し当日までの段取りや準備を進めます。
お葬式は行う機会が少なく、場合によっては戸惑ってしまうことがあります。
しかししっかりと故人を供養できるよう、担当者と相談しながら準備を進める必要があります。

家族葬を行う上で注意すべき点

家族葬で注意すべき点として、「お葬式に呼ぶべきではない人を、しっかり確認する」ということが挙げられます。
故人と深い関係があったとしても、お葬式に呼ぶべきではない人がいます。

例えば故人の愛人などは、お葬式には呼ばないほうが良いでしょう。
いくらその人が亡くなった人に思いを抱いていたとしても、お葬式に参列されると場の雰囲気を乱してしまう可能性があります。

このように、お葬式へ呼ぶべきではない人がいるのであれば、その方には必要に応じて手紙を送ると良いでしょう。
このような配慮をすれば失礼にあたることなく、その人がお葬式へ参列するのを防ぐことができます。

家族葬と社葬はどのように違うのか

お葬式には種類があり、企業で行う「社葬」もあります。
家族葬と社葬で異なる点は、「家族葬は親族で執り行うのに対して、社葬は企業で行う」ということです。
また、社葬の場合は故人を供養することに加えて、関係者へ故人が亡くなったことを通知する意味合いもあります。

そのため社葬の場合、お葬式にコンセプトをもたせて執り行うこともあります。
「故人の企業への貢献を讃える」という目的に社葬もあれば、「社員全員で故人を偲ぶ」という社葬もあります。

家族葬は以上のような特徴があり、社葬とは異なる面があります。
家族葬を行う場合、葬儀社だけでなく家族・親族とも相談して、準備をしましょう。