キリスト教式葬儀について

キリスト教式の社葬の注意すべき点

キリスト教式での社葬を希望される場合にも、独特の注意が必要なポイントがいくつかあります。
信仰をもたれている方はもちろん多くいらっしゃいますが、葬儀全体から見るとキリスト教式での実施割合は決して多くはありません。
なので、きちんとキリスト教式での社葬に対応のできる葬儀社を選んで依頼しましょう。
仏式などと大きく異なるのは、キリスト教式における葬儀は、亡くなった方の霊を慰めるのではないのです。
遺体をまえにして行う神への礼拝という位置づけになるという点です。
故人の死をまえに、その神様から頂いたお力と信仰を再確認するのがこの儀式です。
死を超えた先にある神の国への希望をもって、遺族の悲しみを慰めるのが参列者の意識として理想でしょう。
もちろん信者でない場合は、そこまで堅苦しく考えず、これはやってはいけないということに注意し、
心をこめて接することができれば問題はありません。

カトリック・プロテスタントとも、遺体や遺骨には手を合わせてお礼するということは行いません。
仏式などに慣れていると、つい出てしまうこともありますから、この点は注意しましょう。
地元の文化と比較的融合が図られているカトリックと、
地域風習とは基本的に関わりをもったものとはなっていないプロテスタントという違いもあります。
どちらの派であり、どの程度厳格な教えによるものであるのか、ケースによってさまざまです。
ですので、遺族の方、担当者、葬儀社の方など、関係者の方同士でよく相談し、間違いのないように準備するようにしてください。

基本的な式の流れ

基本的な式次第としては、まず遺骨が入場、音楽が奏でられます。
詞招、頌栄、交読、讃美歌とつづきます。
挙式の折がおこなわれ、聖書へ、さらに合唱がおこなわれます。
式辞、式禱がなされ、讃美歌がうたわれます。
順に弔辞が読み上げられ、弔電も読まれます。

その後、交読、終禱、後唱と式はすすみ、葬儀委員長などから挨拶が行われたのち、献花を行って終了となります。
ここで行われる献花がもっともポイントになりますね。
日本でキリスト教式として行われる場合、一般的にはキリスト教本来の作法ではなく、日本独自の作法でもって行われます。
全体としてその作法はおよそ神式の玉串奉奠に似ています。
そのやり方をご紹介しましょう。

まず、祭壇に向かって一礼します。
係の方から花を渡されたら両手で丁寧に受け取り、前へ進みます。
花の茎のもとのほうが自分の側、かつ右手に来るように持ちましょう。
祭壇の前まで歩いて行ったら、ふたたび一礼します。
花のほうがまっすぐになるようにしたいので祭壇に向いてから、まっすぐ持ちます。
ここで茎のほうをもった右手を花の方、左手を茎の方へと持ち替え、時計回りにまわすようにして、祭壇へ茎の先が向くようにします。
手前に花があるこの状態で祭壇にささげます。
数歩下がり、司祭・牧師・ご遺族らに一礼し、着席しましょう。
回す方向など、思わず間違ってしまってもあわてず、落ち着いて対応してください。
キリスト教式に限った事ではありませんが、いずれにしても大切なのは、厳粛に故人を想う心です。
手を合せて拝むなど、まったくキリスト教式では行わないことなどは、最低限しないようにすべきです。
ですが、そうした点をおさえておけば、過剰に神経質になる必要はないでしょう。