仏教式葬儀について

焼香

仏教式葬式の宗派の基礎知識

ひとくちに仏式で行う葬儀といっても、その宗派により内容は非常にさまざまです。
とくにお唱えする言葉や、お焼香の方法、お線香の立て方などに違いがありますから、
社葬においても、特定の宗派の方式で行う場合には、それに従うことが必要になります。
非常に多くの宗派がありますので、ここですべてカバーできているわけではありませんが、
代表的な宗派の基礎知識をまとめましたので、参考にされてください。

なお、宗派はそれに該当しても、利用される葬儀社や来ていただく僧侶・導師の方の寺院の方式、
地域の風習などによっても、内容が異なるケースもあります。
最終的には、葬儀社の方や僧侶の方とよく打ち合わせ相談を行い、方法を確認しておいてください。

焼香の回数と唱え言葉

真言宗では、「即身成仏」を根本の教えとしており、身体、言葉、心の修行を実践するものとしています。
焼香は現在、過去、未来の3回、お線香は3本を立てるケースが一般的です。
お唱えする言葉は「南無大師遍照金剛(なむたいしへんじょうこんごう)」となります。

曹洞宗の場合、しずかにただ座り内面と向き合う「只管打坐」を重んじる教えを説き、座禅の心で日常生活を送ることを重視します。
それが即心是仏であり、仏の行であるとされています。
焼香では、抹香をつまんで軽くおでこにおしいただくようにし、つづいておしいただかずに香炉へという2回だけ行います。
お線香は1本で、この時に口にするのは「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」です。
臨済宗の場合、この世界に誕生した時からだれもが備える純粋な人間性を悟ることにより、
人間の心の本性が仏と同一であることを悟ることこそ成仏という考え方をもっています。
座禅と勤労を重視する点も特徴です。
焼香は、抹香はおしいただかずに香炉へ入れます。
回数は1回の場合と3回の場合があり、お線香は1本立てです。
天台宗の場合、法華経を中心に菩薩戒、顕教、密教、禅法などを融合して生まれた総合仏教で、
すべての存在には物性が備わると考えます。

焼香は1回で、丁寧な場合3回をとることもあります。
お線香は3本を立て、お唱えする言葉は「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」が一般的に採用されます。
日蓮宗の場合、法華経をとくに重んじ、本仏の声そのものとします。
善行をつめば何人も救われるという教えも特徴です。
焼香は抹香をつまんでからと軽くおでこにおしいただくようにし、香炉へ置きます。
回数は1回の場合と3回の場合があってそれから、お線香は1本を立てます。
浄土宗の場合は、阿弥陀如来の救いを信じ、南無阿弥陀仏と言葉にしていれば、死後浄土へ行くことができるとします。
焼香は1回でも2回でもかまわないとされ、お唱えする言葉はやはり「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」となります。
浄土真宗本願寺派の場合、自分の思いによる自力の心ではなく、
阿弥陀如来を信仰していくことによって自然に発する感謝の心、報恩による他力の心を説きます。

焼香は抹香をつまんでおしいただかず、香炉に入れます、回数は1度だけです。
お線香は1本を半分にしてから2本として火をともし、香炉へ横に寝かせて置きます。
ここでも口に出す言葉は「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」です。
何よりも大切なのはこれらは遺族の方が亡くなれた方のために用意した仏具ですので、
焼香やお線香を供える場合は心をこめるとなおよいでしょう。
参考サイト:お香百科オンラインショップ
ごく簡単に代表的な宗派をまとめましたので、これ以外のケースも考えられます。
事前によく確認し、正しい方法でとり行えるようにしましょう。